熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

「生協の白石さん」に見る、お店とお客のコミュニケーション

      2018/10/04

             
            
            

あなたのメッセージは受け止めたよ!

しばらく前のベストセラーに「生協の白石さん」って本がありました。東京農工大の大学生協の職員の白石昌則さんが、学生から「ひとことカード」で寄せられた質問に答えていたものが、あまりにも秀逸でおもしろいので書籍化された本です。

だいぶ前に読んだんですが、ちょっとそういえば!と思って読み返す機会があって読み返したら、おもしろいのと同時にその対応力というか、コミュニケーション力に恐れ入りました。

かなり難しい質問にも、かわしながら真面目に答えているところなど凄いというしかないですね。

こんな対応をしているお店は、好きになる人が多いと思います。距離感が全然近くなりますからね。白石さんとこのようなやりとりをしたり、他の人と白石さんのやりとりを読んでいるだけでも、確実に親近感が湧いてきますからねぇ。絆っぽいものまで芽生えている感じもあるかもしれません。

うーん、送られてきたメッセージに対して、白石さんが真摯に回答しているのがベースになるからですかね。面白可笑しく回答していますが、根っこは真剣に回答しているのが分かりますからね。「あなたのメッセージは受け止めたよ!」っていう白石さんのメッセージが、心地よくさせてくれているのかな。

自分もコミュニケーションの中で、まず「あなたのメッセージは受け止めたよ!」ってそんなメッセージを発信しないといけないなと思った!大事ですね。

白石さんの発するメッセージが、これからの時代のコミュニケーションのあり方としてとても重要だと思ったので、忘れないように書いておきます。

Q:青春の1ページって、地球の歴史からすると、どれくらいなんですか?
A:皆さんは今まさに1ページずつめくっている最中なのですね。羨ましい限りです。地球の歴史というよりも、私の歴史からすると、目次でいえばかなり前の方です。いつでも呼び出せる様、しおりでも挟んでおきたいものです(白石) 

Q:単位がほしいです。
A:そうですか、単位、ほしいですか。私は単車がほしいです。お互い、頑張りましょう!

Q:牛を置いて!
A:ご要望ありがとうございます。本日ちょうど職場会議が開かれたのですが、結果、牛は置けない、と決議されました。即決でした。申し訳ございません(白石)

Q:愛は売っていないのですか・・・?
A:どうやら、愛は非売品のようです。もし、どこかで販売していたとしたら、それは何かの罠かと思われます。くれぐれもお気をつけください(白石)

Q:白石さん(;´Д`)ハァハァ
A:5月になりました。日によっては暑くなり、思わず息もあがっちゃいますよね。1Fパンショップでは、各種アイスを、キンキンに冷やして販売中です。故郷のご両親を思い浮かべつつ、ガリガリ君なんぞをひとかじりした日には、火照った体も瞬時にクールダウンする事うけあいです(白石)

Q:もういやだー死にたい
A:生協という字は「生きる」「協力する」という字を使います。だからといって、何がどうだという事もございません。このように、人間は他人の生死に関し、呆れる程、無力で無関心なものです。本人にとっては、深刻な問題なのに、何だか悔しいじゃないですか。生き続けて、見返しましょう!(白石)

おもしろいですよね~。

この本どこから読んでも大丈夫です(笑)

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - , ,