熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

「売り込み」は顧客流出の動機付け!

      2015/07/06

             
            
            

 

会社の電話によく自分宛におかしな電話が架かってきます。あの手この手で何とか会社の代表である僕のところにつなごうとしてくるセールスの電話です。特に多いのが、東京のマンション投資の会社ですかね。あとは、証券会社や商品先物、電話代安くなりますとか、お金工面しますよ的なものだったりします。会社名だけでは、何をしている会社か分からないところが多くなっている(アルファベット3文字とか、抽象的な英語の単語1つとか)ので、当社の社員も断っていいのか分からず、とりあえず僕につないでくる。「●●●●●っていう会社から、社長をお願いしますとのことですが、どうしますか?」 うーん、記憶にはないのだけれども、どこかの展示会でお会いした会社だったかなぁと思って、失礼のないように電話に出ると残念ながら、マンション投資だったりの勧誘が始まる・・・。

まぁ、その後は丁寧にお断りするのですが、こういう「売り込み」しかも、だまし討ち的な「売り込み」の電話で今どき購入する人がいるのでしょうか?やっていることは、ストーカーかそれ以上・・・。本当にしつこく切らない人や、怒り始める人、翌日知らんぷりして再度かけてくる人、などなど・・・、困ったものです。

僕は、電話しながら目の前にパソコンがあれば、会社名を検索しちゃっています。そうすると大概、「●●●●● 評判」とか「●●●●● 売り込み」とかが上位表示されてて、クリックしてみると、迷惑な売込み電話・勧誘電話で困った、みたいなことがたくさん書いてあるんですねぇ。

だめもとで電話しているのでしょうが、ほとんど悪評しか残らない営業方法って意味がありませんよね?自分は、東京のマンションに投資する気は全くありませんが、もしあんな変な電話ではなく、興味を引くようなDMとかで情報が届けば、売り込みの電話よりは情報に触れているでしょうし、もしかするとお客様になる可能性もゼロではなかったかもしれません。でも、「売り込み」電話では、ゼロどころかマイナスです。もう二度と接触したくありません。

お客様を獲得するには、お客様が「今あなたから買う理由(動機)」が必要になるのですが、この電話だと僕はもう二度と接触したくないと思ったのですから、真逆の動機付け、「お客様流出の動機付け」をしてしまっているということです。怖いですねぇ。

他にも、
・ 自宅にかかってくる、英語教材の勧誘
・ 自宅にかかってくる、光回線の勧誘
・ ガソリンスタンドの会員カード加入の勧誘
・ ショッピングモールや量販店でのクレジットカード機能付き会員カードの勧誘
などなど、似たようなストーカー的売り込み営業をしているところは少なくありません。ここまでひどくなくても、売場での普通の販売のシーンでも、ついつい「売り込み」って行なわれがちです。絶対ダメですね。

「売り込み」は、顧客流出の動機付けです!

販売する側がお客様としなければならないのは、どうやって生涯おつきあいしてもらえる関係性を構築するかです。相思相愛になるためには、一方的に「オレとつき合ってくれ!」では、だめなのはみんなが分かること。お客様は、こちらから売り込まなくても、お客様のほうで興味が湧けば必ず最後は行動してくれます。いかに興味が湧いてもらえるかに、全力を尽くしましょう!

それでは、今日も元気に行きましょう!

 

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス