熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

自分が影響を及ぼせる範囲に力を注ぐ

      2019/02/06

             
            
            

主体性を発揮する

先日のサッカーのアジアカップ、日本は決勝まで進みましたが、決勝でカタールに1-3で敗れて惜しくも準優勝に終わりました。

自分も優勝を期待していたので、決勝戦の結果にはがっかりしましたが、自分がさすがだなぁと感心したのが決勝戦の前日の記者会見でキャプテンの吉田麻也選手の受け答え。

こういう記者会見では、記者からはいろいろな質問が飛んできます。中には政治的なものとか、サッカーのプレーと関係ない質問も出ることがあります。

この日の記者会見でも、その様々な質問に吉田選手は丁寧に真摯に答えていました。さらに、そのプレーと直接関係ない質問への受け答えから、吉田選手が普段からどのような考えて物事に取り組んでいるのか、そういう部分が見えました。

(略)

記者 ーー 明日の決勝にはあまり観客が入らないと思われるが、アジアカップ決勝で、そういう状況についてはどう思うか。
吉田選手 ーー 「なぜ?」

記者 ーー カタールからファンが来ることはできないから。
吉田選手 ーー 「それは僕らの問題ではありません。監督はもっといい答えがでるかと。僕に聞くのは間違っていますね

(略)

記者 ーー カタール選手の出場資格に関する報道があった。直接的に日本に関わりのないことだが、戦力的に影響があると思うが、代表選手としてどう思うか。そういう問題に邪魔されずに試合ができることの重要性をどうとらえているか。(日本語通訳が入り)UAEとカタール戦の後にカタールを邪魔する行為が見られ、カタールにそういう心理的なプレッシャーがかかると思うが、そういうことに対して日本代表選手としてどう考えているか?
吉田選手 ーー 「それはAFCがコントロールすべきことです。罰則や出場停止という類のことは、彼らが担当すべきなので。日本とイランの試合の最後にも同じようなことがありました。でもこれは僕らのコントロール外のところにあることです。僕らにできることは、自分たちの試合にフォーカスを当てることで、自分たちを守ること。アジアではとくにメンタルコントロールが大事になります。レフェリーのスタイルがヨーロッパと全く違うので、そこは試合に勝つカギになると思います。僕らはここまでの6試合、大会を通してうまくやってきて適合してきたと思います。
もし、この試合が全世界へ放送されるのであれば、例えばあなたの放送局からもですけど、試合の後に愚かなことは見たくない。われわれはアジアを代表している。(今大会の)ハッシュタグで『Bring the Asia Together』というキャンペーンもやっていますよね。だから、全てのアジアを代表している国としてアジアのサッカーを代表して良いサッカーをすることが重要です。僕は明日、カタールとフェアプレーで戦うことを楽しみにしています。
イラン選手とホテルのエレベーターで会ったら、この前の試合の最後に彼らのやった行為を謝ってきました。これがスポーツマンシップであり、フェアプレー精神だと思います。明日も両チームが100%の努力をして、フェアプレーで良いゲームをして、全世界に僕らがどのように戦うのかを見せたい。それが、アジアサッカーをもう1段上に引き上げることになると思います」

一部だけ抜粋しているので、分かりにくいところはあると思いますが、要は自分が影響を及ぼせない範囲に無用な力を注がずに、自分が影響を及ぼせる範囲に力を注ぐ、ということです。

吉田選手は、常日頃意識しているから記者会見でも迷うことなく、自分が回答すべき質問とそうでない質問が判別できるのかなと思います。

有名な書籍「7つの習慣」でも、「関心の輪」と「影響の輪」って話で説明されている部分ですね。
上手に解説されているページがありました。こちら

吉田選手に習って、自分の影響の輪に集中して、そのなかで主体性を発揮していきたいですね。

「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる」

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - サッカー, ビジネス , , ,