熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

Jリーグが示すこれからの時代

      2019/05/23

             
            
            

課題解決 4人目へのパス

先週金曜日の日経スポーツ欄の「アナザービュー」で、Jリーグの「シャレン!」と名付ける、3者以上協働の活動を取り上げて、これからの社会の必要なありかただと書いてありました。

その記事は、社会性の高いJリーグという組織の方法論を社会全体に役立てるという、大変いい記事だと思った。

南九州デジタルの考えていることと共通する部分もあって、記事中の「する、見る、支えるに続いてスポーツを(社会課題解決に)使うという第4の動きが出てきた」ってあたりは、スポーツを企業に置き換えてもまさにその通りだなと思うのです。

社会的に役立っている企業は世の中から、お客様からドンドン支持される世の中になってきています。社会的に役に立つというのは、南九州デジタルの笑倍繁盛事業部がお手伝いさせてもらっている地域電器店さんが、「まちのお祭りを主催」したり、「まちのホールを借り切って地域の方々にコンサートを提供」したり、「お店のスペースを使って、認知サポータ養成講座を開催」したり、そんな活動がお客さんとの絆を深めて、支持されていっているというのと重なってきます。全然、商売と関係ない活動をして社会貢献すればするほど、結果としてお客さんとの距離は縮まり密着して、お客さんからの支持も得られるって流れになっています。

南九州デジタルとしては、自分たちがそういう活動をすること、そしてお得意先がそういう活動をすることのサポートをすること、そうすれば社会的に今よりももっともっとお役立ちできる会社になっていけるのかなと考えています。何はともあれ、行動することですね。ガンバロウ♪

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

 - ビジネス