熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

ランナーではなくてサポーターとしての菜の花マラソン♪

      2019/01/14

             
            
            

今年の菜の花

今日は、いぶすき菜の花マラソンの大会当日。ここでも書いたように、自分は10月にサッカーで故障した右膝内側側副靭帯のケガが治らずに今回は欠場。とは言っても、たくさんのマラソン仲間が走るので、今回はランナーではなくてサポーターとして指宿に行ってきました。初めての体験です♪

例年通りに、家を4:00に出て、同じ歳のお友達の森田マサトを4:30にピックアップして指宿へ。今年は5:20に駐車場に入れました。

今年は全然寒くない、でも暑くない、そして風もない、というマラソンにとっては絶好のコンディションでした。こんな年に走れないとは…。
あと、暖冬のせいか菜の花の咲き方がすごい、超満開状態。寒い年は開花がおぼつかない年もあったりしますが、今年は綺麗に咲き揃い、菜の花のいい香りが会場中に充満していました♪

スタート

で、スタートではいつもは体験できないところに行こうと、スタートラインよりも前方へ。なかなか見れない前方からの観戦。

スタート台では今年もゲストの瀬古利彦日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが、おもしろおかしく毒舌を奮っている。

「今日本のマラソン界は非常に盛り上がっています!もう2回も1億円払っちゃいました!今日もみなさん日本記録狙ってくださいよ!更新したら1億円払いますからね!」

出るわけないでしょ!って想いながら笑いながら聞いていました。

今年は3年ぶりに川内優輝選手が走ってくれました。瀬古さんと川内選手がいるって大会、凄いですよ。世界的に見れば、日本で有名なマラソンランナーは瀬古利彦と川内優輝ですからね。大迫傑ではないですよ!

川内選手はスタートからポンと飛び出して、2位に15分の大差をつけて、3年ぶり3回目の優勝を大会新記録の2時間14分21秒で圧勝。スタートシーンとゴールシーンを両方見ましたが、同じスピードなんですね。凄いです。走っているときはいつも通り苦しそうな顔ですが、走り終えるとずっと笑顔ですね。すごくいい方なんだろうと思います。4月からプロランナーに転向するので、埼玉県庁のユニフォームで走る菜の花マラソンは今回が最後ですね。本当ナイスランでした!

自分はスタート後に、スタート台から降りてきた瀬古さんを捕まえてツーショットで写真を撮って頂くことに成功。お宝です。実はこの写真を撮る前には、自分は瀬古さんのマネージャーに見間違えられたのか、同じく瀬古さんと写真を撮ってもらおうと狙っていた女性のみなさんの写真を撮る役をする羽目に(笑)次々と「私もお願いします!」ってスマホを差し出されると、人のいい僕は断れませんから…そしたら最後瀬古さんから、「今年はあなたはいいことあるよ!」って言って頂きました。いろいろと機転の利くからだなぁと思いました。

自分の友人知人の応援も頑張りました。最後の1㎞を並走したり、並走しながら動画撮影をしたり、走っているのは別々でも、ゴールしたらマラソン話に花が咲き、みんな楽しく走れたようで何よりでした。おととしまで鶴丸高校野球部の監督をしていた徳重先生も走っていて久しぶりにお会いすることができました。その他にも、いつものマラソン仲間以外にもたくさんの知り合いと会えてとっても楽しく応援できた!写真は、いつもの鶴丸高校37期の同級生、みんな結構速いです!

自分は、早くケガを治して走れるようにならないといけませんね。2月の延岡西日本は今の脚の状態では走れないし、仕事まで重なってまたしても欠場。次は、3/3の鹿児島マラソンになります。走れるかどうかも分からない状態ですが、走りたい!ベストを尽くします。その上で判断するしかない。

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - マラソン・トライアスロン