熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

逃げない生き方

      2019/01/17

             
            
            

稀勢の里 引退

今日会社で朝仕事をしていて、たまたまYahooのトップページが目に入ったときに、「稀勢の里 引退」という見出しでニュースが流れていた。

横綱になるまでは、力はありながらモンゴル勢3横綱(白鵬・日馬富士・鶴竜)の壁に跳ね返されて、横綱になるときは圧倒的な力をつけて横綱になって、横綱になった最初の場所で大胸筋断裂という大怪我を負いながらも強行出場して優勝、しかしそのケガが原因でその後はなかなか土俵に上がれない状態になって横綱在位僅か12場所での引退となりました。

自分も稀勢の里関の土俵に上がる気概に惚れてファンになって応援していましたので、引退は非常に残念です。力が落ちた訳でなく、ケガを克服できなかった末の引退だけに本人も残念だったと思います。

逃げない生き方

引退会見では、17年間の土俵生活で貫いた信念は何かと問われて「絶対に逃げない。その気持ちです」と答えていたのが印象に残った。稀勢の里が絶大な人気を誇っていた理由はここにあると思います。みんな稀勢の里関の「逃げない生き方」に共感して応援していたんだなぁと。

逃げなかった故に、大胸筋断裂にも関わらず強行出場して力士としての致命傷にしてしまったし、負けても負けても引退せずに土俵に上がり続けたんだと思います。自分は1年以上前から稀勢の里もうだめだと思って見ていましたが、引退会見を聞く限り本人にはそんなつもりは全くなかったことが分かり、またまた感動しました。稀勢の里関と同じような状況に置かれたときに、どれだけの人が逃げずに行動できるでしょうか?

人間困難が目の前に現れると逃げ出したくなります。
また人から色々なことを言われると逃げ出したくなります。

絶対に逃げないためにも、絶対的な信念が必要だ。
そんなことを稀勢の里関からは学ばせてもらった気がします。

逃げない人生を送っていきたいですね。

稀勢の里関はいい親方になっていい力士を育てそうな気がします。

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - スポーツ