熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

「 本 」 一覧

「生協の白石さん」に見る、お店とお客のコミュニケーション

あなたのメッセージは受け止めたよ! しばらく前のベストセラーに「生協の白石さん」って本がありました。東京農工大の大学生協の職員の白石昌則さんが、学生から「ひとことカード」で寄せられた質問に答えていたも …

  

続きを見る

まいにち、修造!

自分の心と日々対話 会社の自分の席の前方に掛かっているカレンダーがある。「まいにち、修造!」 その松岡修造さんが毎日前向きな言葉をかけてくれる日めくりカレンダーです。 みなさんご存知の通り、テレビでも …

  

続きを見る

ザッポス伝説~WOWという感動を届ける!

ザッポス ザッポスってアメリカの靴のインターネット通販で名を馳せている会社がある。経営者は、トニー・シェイ。 自分は、本を読んでそのことをよく知っていた。そして、「いやぁこんなインターネット通販は理想 …

  

続きを見る

さぁ、才能に目覚めよう!

自分の強み 「あなたの強みは何ですか?」 って聞かれたら、何と答えますか? 多分なかなか答えにくい質問ですよね。 他人の強みは結構言えるかもしれませんが、自分のこととなると主観的に自分の強みを見るって …

  

続きを見る

人生で一番大事なもの

利他に生きる 致知の5月号は、特集「利他に生きる」でした。しかも巻頭の特集は、稲盛和夫京セラ名誉会長。表紙も稲盛さんです。 さて、稲盛さんのファンである自分にとっては、装丁からたまらない号になりました …

  

続きを見る

活機応変 ~ 致知 2018年2月号

  2018/03/13    ビジネス, ,

経営は絶えざるイノベーション 致知2月号のメインの対談記事「経営は絶えざるイノベーションである」、クレディセゾンの林野社長と西武信金の落合理事長の対談からの感想・学びです。 お二人とも、金融業界が大き …

  

続きを見る

新時代に勝ち残る企業のあり方

活気応変 致知の2018年2月号で、ジャパネットたかたの創業者で今年JリーグのJ1に初昇格するV・ファーレン長崎の社長の高田明さんと経営コンサルタントの神田昌典さんの対談という、自分にとっては名前を見 …

  

続きを見る

「考える」と「悩む」の違い

イシューから始めよ 最近読んでいる本で、「考える」と「悩む」の違いについての見解が書かれていて、なるほどと思ったので紹介します。本は「イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」」です。 僕の考 …

  

続きを見る

システム思考

なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか… この東京出張の移動時間に「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか…」という本を読んだ。「システム思考」っていう思考の仕方を説いている本なのです。以前から興 …

  

続きを見る

ストレングスファインダー

さあ、才能に目覚めよう ストレングス・ファインダーってご存知ですか? 「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう あなたの5つの強みを見出し、活かす」って本で紹介されている、アメリカのギャラップ社が人の才能を …

  

続きを見る

閃き

  2017/10/10    ビジネス, ,

「閃き」を生む、形にする、掴む 明日から社内木鶏会が2日間で行なわれます。今回が7回目なので、そんなに自分も構えて臨むことはなくなった。 で、今回の致知9月号の特集は「閃き」。「ひらめき」って読みます …

  

続きを見る

第6回 社内木鶏会

始まって6か月 昨日(9/14)今日(9/15)の2日間で、第6回の社内木鶏会を開催できました。4月から始まって、ちょうど半年が経ちました。今回は致知8月号ですので、先日このブログでも2回にわたって書 …

  

続きを見る

経営は絶えざる維新である

  2017/09/12    ビジネス, ,

維新する 致知の8月号の特集は「維新する」でした。 「維新」という言葉~「明治維新」とそこから派生して作られる「〇〇維新」という言葉くらいしかあまり耳にしない言葉ですが、日本人にとって響きのいい言葉だ …

  

続きを見る

自分だけはコントロールしよう♪

出張で得たものを行動に! 今日、4日ぶりに鹿児島に帰ってきました。4日間の東京出張、今回はほとんど空き時間もないくらいスケジュールがぎっしり詰まっての出張でしたが、中身も充実した出張でした。いろいろと …

  

続きを見る

敵を知り己を知れば百戦して殆うからず

孫子とハリルホジッチ 中国の古典、孫子の兵法の中でも有名な一節に「敵を知り己を知れば百戦して危うからず」とあります。 正確にはもうちょっと長くて、 彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず。 彼を知らず …

  

続きを見る