熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

「 本 」 一覧

「三方向から見る目を持つ」という発想

鳥の目 先日も書いた本「蔦重の教え」、読了しました。 この本、これまでいろいろと本や経験で学んできたことが、教えとしてまとまっているので、分かりやすい。 主人公の蔦屋重三郎が、現代からタイムスリップし …

  

続きを見る

蔦重の教え

蔦屋重三郎 知り合いから教えてもらって、「蔦重の教え」って本を読んでいる途中です。 江戸時代の蔦屋重三郎っていう人の出てくる時代小説なのですが、この蔦屋重三郎って人物が面白い。本自体は378ページのそ …

  

続きを見る

致知を子育てに活用♪

第4回 社内木鶏会  今日は第4回目の社内木鶏会。今回は社内を離れて、第1回以来の鹿児島北公民館での開催。参加された皆さんと本社の留守番と小売店で営業のみなさま、それぞれありがとうございました。 で、 …

  

続きを見る

明日から第3回木鶏会♪

そのとき どう動く 4月から始まった社内木鶏会。人間学を学ぶ月刊誌「致知」を使った社内の人間学の勉強会です。明日はその第3回社内木鶏会が開催されます。今回は火曜日から金曜日の4回に分けての開催です。 …

  

続きを見る

グループとチームの違い

チーム作りはジグソーパズル 会社を経営していて一番難しいなぁと感じるのが組織運営。 いつも悩みは尽きないのですが、楽天大学の仲山進也学長がfacebookで面白い絵をアップされていましたのでシェアしま …

  

続きを見る

習慣化すること、100日経過!

100日連続ブログ! 今日4月10日で、2017年もちょうど100日目だそうです。確かに足し算するとそうなります。(31+28+31+10=100) で、このブログも自分が心機一転、「今年は続けるぞ! …

  

続きを見る

ものは考えよう~飛行機の出発遅れで出会った本!

大阪日帰り~ピーチ・エア 今日はカシオの新製品発表会で大阪に日帰り出張。 大阪日帰りの場合、使う航空会社はピーチが多い。「コストが安い」というメリットがあるのが一番大きい。ANAやJALと比べたらかな …

  

続きを見る

チームを日本一に導いたもの~栗山英樹監督

致知 2017年3月号「艱難汝を玉にす」 今月号の致知は特集「艱難汝を玉にす」(かんなんなんじをたまにす)でした。 艱難汝を玉にす 「艱難にあうことによって、人は立派な人物になる。艱難こそが人を磨く」 …

  

続きを見る

伝えることから始めよう by 高田明

伝えることから始めよう 昨年末に発刊されたジャパネットたかたの創業者高田明さんの著作「伝えることから始めよう」を読みました。 高田さんが自分が著者となった本は初めてのようで、確かに自分も2冊持っていま …

  

続きを見る

掃除道♪

  2017/01/24    南九州デジタル,

トイレ掃除当番の日♪ 今日は毎朝の掃除時間(8:40-8:55)の中でも、週に1回回ってくる、2階トイレのトイレ掃除当番の日でした。今日のパートナーは、EC事業部の東條君。 トイレ掃除を男性社員で担当 …

  

続きを見る

不思議な会社って?

予期せぬ贈り物 今朝、朝のためしてねっと事業部の会議を終えて机に戻ると、何だかモコモコした大きな封筒が置いてあった。 差出人を見るととある仕入れ先のN社長のお名前…? 「ん?普通の営業上のものではない …

  

続きを見る

変化を楽しもう!

チーズはどこへ消えた? 2000年ごろにベストセラーになった「チーズはどこへ消えた?」って本がありましたが、覚えている方はいらっしゃいますか? 先日、日経新聞に日本ハムの大谷翔平選手がこの本を読んでい …

  

続きを見る

2015年 読み納め!

  2015/12/29    ビジネス,

2015年を出張で振り返ると・・・ 今日は、2015年最後の出張で大阪へ! で、今年何回出張したのだろうか? と思ってスケジュール帳から数えてみました。 東京 12回 25日 福岡   3回   3日 …

  

続きを見る

即戦力の人心術

  2015/12/17    ビジネス,

部下を持つすべての人に役立つ 即戦力の人心術 リーダーシップについて、アメリカ海軍誘導ミサイル駆逐艦ペンフォルドの艦長を務めて、全然ダメだったチームを短期間で海軍No.1チームに育てたマイケル・アブラ …

  

続きを見る

「ちっぽけな存在」なんていない

  2015/07/08    ビジネス,

  今日は本の紹介。 「小さい”っ”が消えた日」って本です。1時間くらいで読めちゃう本なんですが、非常に大事なことを教えてくれます。 主人公は小さい「っ」。五十音村に住む言葉の間ではとても目 …

  

続きを見る