熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

菜の花マラソン2016 ”結果は必然! 偶然の成功などあり得ない!”

      2016/02/23

             
            
            

 

菜の花マラソン2016

菜の花マラソン参加してきました! 今回は、南九州デジタルでインターンをした鹿児島大学4年生3名と毎年一緒に参加する同級生の悪友森田賢人の5名。 自分が朝3:50に自宅を出発して、それぞれピックアップしながらスタート地点近くの駐車場に5:30頃到着。

初マラソンのサトシ君は5時間15分、八木君は7時間17分、2年連続の平山君は5時間22分と25分記録更新と素晴らしい結果!森田君はいつもどおりの6時間そこそこ。

で、自分は今回は12/11に行った左眼の外傷性白内障の手術の関係で1/2まで激しい運動が禁止されていた関係で、その前に右手中指を骨折して手術したのと合わせて(11/22骨折、11/30手術)、練習ゼロでの出走となりました。 まぁ、これは今回は仕方ない。 今までも何度か練習せずに出たこともあるし、昨年の4時間30分から1時間遅れくらいではゴールできるだろう、あわよくば4時間台でと思っていましたが、そんなわけありませんでした。

練習ゼロが導いた結果は、ワーストタイム・疲労・痙攣

スタート直後から自分のいつものペースからすると全然上がらず、27km位から両太腿の下部がつり始めて、筋肉のご機嫌をとりながら走っていましたが、34kmで前で完全に両太腿が痙攣を起こした状態に。 そこから4kmほどは走れない状態になって、屈辱の歩き。 37km位からゆっくりなら走れる状態になったのでもう一度走り始めてそのままゴール。 タイムは5時間42分。

昨年から70分遅れ、20歳代のベスト(3時間30分)から2時間10分遅れです・・・。

フルマラソンは20回かそれ以上走っていますが、タイムもワーストでしたが、疲労も一番で、本当に疲れました・・・。 あんなふうに太腿が痙攣をしたのも初めてです。 あんなに歩いたのも初めてですが、歩くとあんなに辛くて、寒いのだと知りました。 でも、48になって歳ですかね、練習しないと今回みたいになってしまうのだと・・・。

結論 「結果は必然! 偶然の成功などあり得ない!」

何も準備をしないで出る結果などありません。 偶然いい結果が出ることなど、この世にはないのです。 今回改めて痛感しました。 そういう意味で、「今回の結果は必然」。
マラソンだけでなく、仕事でも同じことです、結果はすべて必然。 計画や準備があってこその結果です。 偶然の成功などありません!

次は3月6日の第1回鹿児島マラソン、今度は2ヶ月間しっかり準備して走ります!

image
image

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - スポーツ, ビジネス, マラソン・トライアスロン