熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

どんな人の、どんな幸せな人生に貢献するのか?

      2018/02/18

             
            
            

EPSON WristableGPS ウオッチ

自分が走るときにEPSONのGPSランニングウオッチWristableGPSを使っています。自分は走るときにこのWristableGPSを使うことでフルマラソンのタイムが伸びたり、普段の練習のモチベーションが上がったりといいことがたくさん起こっているので、いろいろな人にこの製品の良さを伝えています。特にマラソンを走っていたりする仲間には結構一生懸命に自分が使ってこんなにいいんだみたいなことを伝えているかと思います。それは別にこの製品を買ってもらいたいからではなくて、みんなにももっと楽しくランニングをしてもらいたいから。

このところ、そんな仲間からこのWristableGPSの注文をたくさん頂いています。これはどういうことなのか?考えてみました。

どんな人の、どんな幸せな人生に貢献するのか?

人ってみんな「よりよく生きたい」「幸せになりたい」って思っていますよね。これは間違いありません。

どんな生き方をしたいかはそれぞれ人によって違うので、よりよい人生の作り方というか道筋はそれぞれ違います。

例えば、マラソンを楽しみにしている人にとっては、そのマラソンを楽しめるなら、マラソンを楽しめる方法を知りたいですよね。楽しみ方が人ぞれぞれで「マラソンのタイムの更新」だったり「健康の増進」だったり「仲間づくり」「仲間との語らい」だったりいろいろとあるのですが、自分が走る仲間と語っているときに、WristableGPSを通してマラソンが楽しくなっていくことを情報として伝えていたのだと思うのです。だから、その後WristableGPSの注文を頂いている。

これは一般的な商いの話しにも言えることで、商人にはモノを売るのではなく「お客様のよりよい生活を実現する」という視点が求められているのだと思います。「どんな人の、どんな幸せな人生に貢献するのか?」ということを情報として伝えていかないといけないんですね。それが「モノではなくてコトを売る」ということであったり、「お客様の心の豊かさ」ということであったりするのだと。

モノを売ることを考えているか、それとも、お客様の人生をより良くすることを考えているか?」もっと分かりやすく引き直せば、「モノを見ているか、人を見ているか?」。結果的に人を見た人がモノをよく売る、そんな時代なんです。

どんな人の、どんな幸せな人生に貢献するのか?」、ここを考えて商いをしていかないといけませんね。最近、WristableGPSの注文をたくさん頂いて思うところでした。

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

 - ビジネス, マラソン・トライアスロン , , ,