熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

快挙~川内優輝選手のボストンマラソン優勝♪

      2018/04/23

             
            
            

環境の変化にどう対応するか?

川内優輝選手がアメリカのボストンマラソンで優勝したニュースが飛び込んできました!

ボストンマラソンといったら、ボストン・ロンドン・ベルリン・シカゴ・ニューヨーク・東京の6大大会を示すワールドマラソンメジャーズの中の1レースの世界的な大会。ゴルフやテニスでいえば、毎年のグランドスラム大会のようなもの。そして、そこにはケニア・エチオピアのアフリカ勢も大勢参加してきて、日本人が勝てる要素がほとんどないのが最近の実情。

そんななか川内選手は勝ちました。ポイントになったのは、気象コンディション。この日のボストンは大寒波が到来して、超低温(0℃くらい)、冷たい雨、向かい風の強風、という最悪の気象コンディションだったのが、川内選手は「寒さが苦手ではないので、チャンスがあると思っていた」と捉えていたようです。そして、世界選手権の金メダリストを含めて、悪コンディションで失速するアフリカ勢を追い抜いて優勝です。

この悪コンディションへの対応力が勝負を分けたんですね。

今、僕らが置かれている変化の激しい時代と今回の川内選手の戦い方って似ているなとも思います。誰も対応することが分からないような、変化が大きくて速くて読めない時代、川内選手のようにいろいろな経験を積み重ねて変化に対して素早く対応していくことが必要ですね。日頃から色々な経験を積むことが対応力を高めていくんですね。

凄い偉業だと思いますが、ちょっとニュースでの取り上げ方が小さいような気がするのが、個人的には不満です(笑)。でも、この偉業を機に川内選手は公務員ランナーからプロフェッショナルなランナーに進化するようです。これからの川内選手にも目が離せないですし、自分の仕事もマラソンも川内選手に負けないように、頑張らないといけないですね。

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス, マラソン・トライアスロン , ,

前回へ
未来視点で♪
次回へ
妄想♪