熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

どんな小さな仕事でも…

      2019/08/13

             
      わらじ      
            

日本一の草履取り♪

仕事は心の持ち方でいくらでも変わると、自分は思っている。

自分の仕事はつまらないと思えば、その仕事が楽しくなることは決してないと思うし、仕事は所詮生活するためのお金を得るためのものと思えば、一生忍耐労働の対価として給料を受け取るという形になるだけだと思う。

決して、やりがいを持てとか強制するつもりもない、でも仕事は必ずいろいろなチャンスを僕らに与えてくれるものだと思います。

 

もちろん、「お金を稼ぐ」ということもあります。

自分のできること、つまり「可能性を拡げてくれる」ものでもあります。

その仕事を成し遂げて「感動したり」「達成感を得たり」するものでもあります。

「人の役に立つこと」ができます。もっと大きく考えると「世の中の役に立つこと」ができます。

「人に悦んでもらえて、人も自分も笑顔になる」、そんなことができます。

 

有名な話で、豊臣秀吉が木下藤吉郎だったときに織田信長の草履を温めていた話があります。

このときの秀吉も信長に悦んでもらいたいっていう一心だったのではないかと思う。決してこのときに、信長に取り入ってそのうち天下統一を果たそうなんて思っていないはずです。自分の目の前の仕事にベストを尽くした。主君である信長に悦んでもらいたい、寒い日なので草履は冷たくなっている、ならば懐に入れて温めて差し上げよう♪

 

一見つまらなそうな仕事でも、完璧にやり遂げようと、人に悦んでももらおうとベストを尽くすと、必ずその仕事の先に次の仕事の芽が出てくる。

草履取りなら日本一の草履取り、日本一の悦んでもらえる草履取りにになる。そうすれば仕事はどんどんチャンスを与えてくれるんだと思います!

 

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス ,