熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

自分たちは何かしら表現することで仕事している

      2019/09/11

             
            
            

「想い」「能力」を表現する

今週の出張でカシオの新製品発表会にいったことは書きましたが、そこで気付いたことを今日は少し書きます。

僕らは何かしら表現することで仕事をしているなぁってことです。

当たり前と言えば当たり前のことなんですが、それぞれの個人や組織の「想い」や「能力」を製品やサービスとして表現しています。

 

カシオの新製品発表会では、開発に携わった方々がそれぞれの新製品ブースに貼りついて、「想い」「能力」について語ってくれる。製品に表現した「想い」「能力」の背景までもしっかりと教えてくれるので、カシオの新製品発表会は楽しいし、ためになる。

それが他のメーカーさんは、開発に携わった方はほとんどいなくて、営業サイドの方が中心。営業サイドの方が悪いとは言いませんが、開発された方とは「想い」「能力」を表現する熱量と情報が違います。それは仕方のないこと。だから、何となく面白くないし、役に立ちにくい。

 

僕らの普段の仕事も全く同じで、営業にしても、接客にしても、企画にしても、それらは広い意味ではすべて「想い」や「能力」の表現活動。

その表現に対して、お客様が「快適になる」「悦んでもらえる」「役に立つ」「変化が起きる」「新しいことができる」なんて思ったら、買って頂けているのかなと思う。

だから、自分たちの「想い」や「能力」ってのを、しっかりとお客さんに伝えていかないといけませんね。そこが表現できるほど情報も深掘りする必要があるのだと思います。

 

その表現ができるできないが、仕事ができるできないなのかなんですかね。

仕事は表現すること。
そう考えるとみんな芸術家なのかもしれませんね♪

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス