熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

息を引き取る瞬間に、決まるんや。

   

             
            
            

人間教育の名人

野村克也さんが逝去されたとのニュースが、今日の午前中に流れた。

ヤクルトファンである自分にとって、僕だけじゃなくてヤクルトファンにとっては、野村監督は「応援するチームが勝つ悦びを教えてくれた」

ニュースを見て、それから会社の自分の本棚を見ると、野村さんの本が7冊あった。
家にもまだあるし、東京の長男に送っているのもあるので、野村さんの本からたくさん学ばせてもらいました。

自分は野球をプレーしていたわけではないので、ノムラさんから野球のおもしろさは教えてもらったけど、野球の技術を教えてもらったわけではない。
むしろ、野村さんの本は、ビジネス人として、人間としての学びのほうが多かった。

ヤクルトの監督時代の教え子の選手(当時)のみなさんも、野球も学んだけど人間としてどう生きるべきかみたいなことを学んだというようなことをたくさん言われています。
今の日本のプロ野球界は、監督・コーチを見ると野村チルドレンの面々が一番多いのではないでしょうか。それもまた野村監督の人間教育の結果なんだろうと思います。人間教育の名人なのかもしれません。

見栄や体裁にこだわらず、常に最善の選択だけを徹底的に突き詰めていくことが、劇的にうまくいくんだということを教えてくれた監督でした。野球だけでなく、日本の社会全体に。

もし企業経営をされてもすごい方になっていたのだろうなと思うし、もし野村首相とかになっていたらもっと素敵な日本が存在したかもしれないなとも思う。

野村監督の言葉にはいくつも素敵な言葉がありますが、ご冥福をお祈りしてこの言葉をご紹介したいと思います。

成功したかどうかは、まだこれから……。息を引き取る瞬間に、決まるんや

自分を限定しない。まだできる。まだ人生の最高の瞬間は来ていない。

野村監督のご冥福を心からお祈り申し上げます。

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス , ,