熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

迫られる未知の変化への対応

   

             
            
            

大津波が世界中を襲っているのと同じ状況か?

ブログでも新型コロナウィルスの感染拡大のこと、またそれに関連することばかり書いている気がします。

ヨーロッパとアメリカが大変なことになっています。
ミラノ・ローマ・マドリッド・パリ・ベルリン・ロンドン・ニューヨーク…
世界に名だたる都市がロックダウン(都市封鎖)になっています。

今までに体験したことのない事態です。
まさに未知の変化と遭遇しています。

東日本大震災の大津波や原発事故も今までに体験したことのないことだったのを考えると、今世界中にあのときの大津波が押し寄せているのと同じ状況なのかなとも思う。

今、世界の中で日本は奇跡的に日常に近い生活を送れている。
僕らの鹿児島は、その中でも奇跡的に、未だに新型コロナウィルスの感染者が出ていない。

でも、来ては欲しくないけれども、この未知の変化への対応は考えておかないといけない。
鹿児島にも大津波が襲ってくる可能性がそこまで迫っているのだ。

自分の感覚を信じる Don’t think! Feel!

過去の延長線上で起こる変化は対応しやすい。
どのような変化が起こるのか予測可能な部分が多いから。

過去の延長線上にない変化は対応しづらい。
一瞬にして価値観が入れ替わる可能性がある。
それは、コインの裏表が入れ替わるようなものだから。

過去の延長線上では答えがでない時代に突入しているのに、ついついネットで答えを探そうとしていう自分がいる。
それではいけない。
こういう事態だからこそ、自分で考えることが大事。

でも過去の価値観が崩壊してくるとき、頭で考えすぎても答えは出ないのかもしれない。
頭で考えるとどうしても過去の価値観に縛られる。
そんなときは、頭で考えずに、自分の感覚を信じるのがいいのかもしれない。
自分の感覚? バランス? 直感? 肌感覚?
そんなもののほうを信じたほうがいいのかも。

いずれにしても、そんなときのために、心を整えて準備はしておかないといけないな。

ブルース・リーも言ってた。
Don’t think! Feel!

 

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス , , , ,