熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

電子プライスカード

      2020/09/21

             
            
            

最新のプライスカード

今日、ちょっと用事があって鹿児島中央駅にある、某大手カメラ量販店に行った。

すると商品に付いているプライスカードが、なんと電子式のプライスに変わっていました。

一見、普通の紙のプライスがプラスティックのカードホルダーに立っているような感じがするのですが、よく見ると違います、デジタルです。

うちの嫁さんに「これ電子プライスになってる!」って驚いても、最初「紙だよ!」って言いましたからね。

一長一短あるので

これだと確かに店員の手を煩わせることなく、プライスカードが表示されるので、手間要らずです。

ただ、すごく無機質な感じもしました。ただ、このカメラ量販店が従来使っていた紙のプライスカードとは、そんなにデザインも変わっていないと思うので、お店としてはあまり変わっていないので、問題ないのだと思います。もともと、そこに力を注いでいるわけではないですから。ここのお店の強みは、価格と品揃え、人間味とか、親しみやすさとかではないので。

そういう意味では、そんな大手の量販店には、資金だけ投入すればプライスカードが無線で入れ替えられてっていう、魔法なような道具ですね。

では、うちのお店が導入するかと言えば、ちょっと微妙ですね。いろいろ調べたら、カードのデザインのカスタマイズなどはできるようなので、そのあたり次第の分とあとはコストですね。

でも、このシステムを導入すると、油断すると商品の値段とかがスタッフの頭に入りにくくなると思いますね。プライスを付けることで頭にインプットされるという部分もありますからね。

古い人間ですかね(笑)一長一短あるので、最新のシステムですしメリットもありますので、よーく検討しないといけませんね。

僕は、手書きの味のあるプライスカードとか好きですけどね。

 

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス