熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

担当制の良し悪し

      2020/11/18

             
            
            

組織全体の成果を最大化するには?

組織に入ると、担当って存在がある。ある特定のことを「担って、ことに当たる」ことですね。

担当が、悪いこととは思いませんが、担当があることで、担当以外のことに関心が無くなるというか、興味がなくなるというか、そんな感じになってしまう方もいるので、担当って良し悪しがあるなぁって話しです。

悪いパターンの担当制だと、極端な話し、自分の担当のことだけやればいいということになってしまう場合。

良いパターンの担当制だと、自分の担当の部分をしっかりこなしたうえで、自分の担当と近い部分の業務だったり、周りの仲間の業務だったり、自分が得意な部分の業務だったりといった部分をサポートしてあげることができるような場合。

そもそも組織って、その組織全体であがる成果を最大化するために編成されるものなので、良いパターンになって然るべきかなとも思うのですが、なかなかそうもいかないのが現実。

百歩譲って大企業では、担当を細分化してそれぞれが担当のことだけやっていれば組織として回るかもしれませんが、中小企業ではそういうわけにはいきません。絶対無理ですね。やっぱりそれぞれが複数の担当をこなしながら、自分の得意な部分ではリードするような形にならないと、小さい組織は活性化していかない。もちろん大企業でそれができれば、鬼に金棒で、その組織力は2倍にも3倍にもなると思います。

南九州デジタルも中小企業なので、良いパターンに向かっていかないといけない組織です。みんなが自分の担当だけやっていたんじゃ、大きな成果は得られません。現状、みんなが自分の担当だけやっているわけではありませんが、まだまだそこに伸びしろはたくさんありますね。

組織をそんなふうに向かわせることこそ社長の仕事ですかね。

個々が個性を活かして仕事をして、得意な人が得意でない人をサポートしてあげながら、担当はあるものの担当だけに拘らずに、組織全体の成果を大きくするために行動していく。そんな組織にしていかないといけません。自分の担当だけ仕事している組織よりも、仕事自体がずっと楽しくなると思うし、全体の成果が上がればみんなのそして個々の報酬も必ず上がりますからね。それがみんながハッピーになる最短のロードマップなのかもしれないですね。

スタッフのみなさん、頑張りましょう!

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス ,