熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

太陽光を喰らう!

      2017/05/25

             
            
            

腕時計の日光浴?

たまーに、時計を窓際にたたずませなければならないときがあります。

時計にお食事をさせるためです(笑)

そして、今、会社の机の後ろで1個の時計が日光浴をしています

ソーラー時計の充電の仕方

そう、ソーラーバッテリーの腕時計が、半年くらい机の中に入れっぱなしにしていると、充電が切れて止まってしまっていることがあって(今回そうでした…)、そういうときは腕時計に太陽光をたっぷり浴びてもらって、充電をしなければいけないのです。

普通に使っている時は、わざわざこうやって太陽光にあてなくても、日常生活の中で充電されていくのでいいのですが、今回みたいに一旦充電が空っぽになってしまうと、日光浴が必要になります。

だいたい強い太陽光だと、10-20分以内には動き始めます。それからできれば2日間くらい日光浴させてあげると、満腹(満充電)になるようで支障なく使えるようになります。太陽の光を食べさせてあげないといけないんですね。東南向きの窓際や、車のダッシュボードの上とかが太陽光がいっぱいあたって充電するにはいい環境のようです。

自分は腕時計をいっぱい持っているので、こういうことがたまに起きます。普通の人でも、複数持っていると同じように充電がなくなることはあるようです。
店頭に「電池交換お願いします!」と現れて、「お客様、こちらの時計はソーラーバッテリーなので、電池交換しなくても光に充てることで動き始めますよ…」「えー、そうなんだぁ!」って会話はよくあります。

そのときは、太陽の光をたっぷりと食べさせてあげてください。これまで空腹にさせてゴメンネって感じでお詫びしながらしてあげるといいかもしれません。愛着が湧きますよ。

でも、自分の時計に愛情があれば、
充電が空になることはないはずです!
(反省…です)

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

 - ビジネス , , , , ,