熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

イチオシとは?

      2017/08/27

             
            
            

イチオシの商品

よく「イチオシの商品!」とか言いますが、その「イチオシ」ってどういうことか?って考えてみました。

先日あるドラッグストアに立ち寄ったときに、写真のような売り場が設営されていました。

すごいですよね~(笑)

鹿児島の有名な産品のひとつの「黒酢」、そのなかでも一番有名な「坂元の黒酢」の売り場です。

まぁ、好みはあると思いますが、これだけ目立つ形で売り場が設営されて、自分は自然と目がいってしまいました。そして、近づけば、坂元の黒酢がいい理由やこだわりのポイント、その飲み方、どんな方に飲んでもらいたいか、そして試飲コーナーと一通り全て情報発信されて、体験できるようになっています。

これぞこのお店の「イチオシ商品」だと、自分は感じました。

何を伝えるべきか?

よくPOPで「店長イチオシ」とか書いているものを見ますが、そこにその理由を含めて情報がなければ、消費者はそのPOP自体では何も動機付けされません。でも、そんなPOPが多いです。「店長イチオシ」だけでは買いたくなりませんよね…

自分たちの傘下の売り場でも、振り返ってみたほうが良さそうだなぁと、この売り場を見て感じたところでした。

最後の詰めまで!

でも、この売り場で一つ足りないなぁと思ったのが、「坂元の黒酢を飲んだ方がいいんだな!」というところまでは進むと思うのですが、<このお店で買う理由>が示されていないこと。

よーく見ましたが、そこだけが抜けていました。自分も試飲まで進みましたし、買いたいなと思いましたが、実際はこの場では買わずに「今度買おう!」となってしまいました。最後の最後、「今、私たちのお店で買った方がいい理由」がなかったのだなと…。

商売って難しいですね…。でも、お客様の立場で考えると分かることですかね。ホント、南九州デジタルの傘下の売場でもよく考えなければです。

今日はいい勉強をさせてもらいましたので、これから活かしていかなければですね。

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ビジネス, 南九州デジタル , ,