熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

小学校のチームメイトと…

      2019/07/18

             
            
            

待ちに待った開幕戦

雨で流れに流れてやっときた鶴丸高校野球部の夏の甲子園に向けた開幕戦。今日、11:20プレイボールで、鹿児島工業高校と初戦の2回戦を戦いました。(仕事はちょっと中抜けさせてもらって観戦に行かせてもらいました)

鹿児島工業とは、春の甲子園に向けた秋の鹿児島県大会でも初戦で顔を合わせていて、そのときは両軍合わせて37安打で3時間を超える大乱戦を鶴丸が14-8で勝利していて、その時以来の再戦。

今日は、初回に相手先発ピッチャーの立ち上がりの制球が定まらないところを、4番のうちの次男坊の左中間を破るタイムリーツーベースヒットで先制、その後犠牲フライで2点を先制。鶴丸はエースの丁寧なピッチングと、再三のバックの好守で鹿児島工業に付け入るスキを与えない。鶴丸も立ち直った相手投手からなかなかチャンスが作れない。秋とは全然違う展開になりましたが、結果的には初回の2点が決勝点になって、2-0で勝利。お互いノーエラーで、とてもしまった試合になりました。

クライマックス

櫻木家にとっては、9回の2アウトにクライマックスがきました。鶴丸2点リードで、2アウトランナーなし。そこで鹿児島工業ベンチは代打を送ってきました。その代打は、キャッチャーのうちの次男坊と小学校のとき名山ソフトボールスポーツ少年団でバッテリーを組んでいた仲間。当時はうちの次男坊がピッチャーで、代打で起用された子がキャッチャーをしていました。バッターボックスに入る前に2人が一言二言話したように見えました。そのときは「なんでこんなシーンで出てくるかな…」とウルウルしてしまいました…。2人はお互いのチームのために真剣勝負、お互いのことも知っているので、配球とかも独特のものになっていたと思います。結果、フルカウントから際どいボールを見極められてファーボール。鶴丸は、この試合初めてのファーボールを与えてしまいました。後続を抑えて鶴丸が勝利するのですが、青春だなぁと思いました。二人にとっても思い出深いものになったと思います。ゆーき、ありがとう。

鶴丸旋風へ

この試合鶴丸は走攻守とも全くのノーミス。選手は高い集中力を発揮しました。そして、ベンチに入れなかったメンバーの想いを引き継いだ熱いものを感じさせてくれる試合でした。

その高い集中力で一人ひとりが自分の持っている力を解き放つことができる♪ それが、このチームの強みなんだと今日確信しました。

ナイスゲーム、素敵な試合でした。ありがとう♪

さぁ、鶴丸旋風が幕を開けました!次も頑張ってさらに大きな旋風を巻き起こそう!

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - ファミリー, 鶴丸高校 野球部