熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

カズ 記録更新!

      2015/05/05

             
            
            

 カズこと三浦知良(僕よりも1歳年上です)が、またJリーグの最年長ゴールの記録を更新しました。

 ただすごいの一言です。

 自分のテンションも上がります! がんばろう!

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00417136-gekisaka-socc

———————————————–

[4.5 J2第6節 横浜FC2-3磐田 ニッパツ]

 横浜FCのFW三浦知良が5日に行われたJ2第6節のジュビロ磐田戦で、今季初ゴールを記録した。48歳1か月10日での得点は、自身の持つJリーグ最年長得点記録(46歳8か月8日)を大幅に更新するものとなった。

 日本サッカー界の誇るレジェンドは衰えを知らない。今季4試合目の先発出場を果たしたカズは、前半14分、右サイドからMF小池純輝がクロスを上げると、ゴール前で待ち構えたカズがヘディングで合わせる。「若干、タイミングが遅れたかなというのはあったが、突っ込むだけだった。いい形で決めることができました」。ゴール後には代名詞のカズダンスを披露。「ゴールしたらやろうと言っていましたし、それを見たいと言ってくれるサポーターがいるので。期待に応えたいなと思っていた」。ただ、新バージョンを披露しなかったのかと問われると、「肩が痛い。五十肩なんだよ」と、カズスマイルを全開にした。

 しかし、チームはカズが交代したあとに連続失点を喫して逆転敗け。「ジュビロは力があるチームなので、僕がいたらどうというチームではない」とした上で、「残念な結果ですが、次に向けて良い準備して、次、監督がどういうスタメンを選ぶか分からないですけど、次に向けて今日から準備したい」と切り替えを強調した。

 試合前、思わぬコンディション不良がカズを襲っていた。連戦が続く中で、水曜日のゲームを回避したカズ。万全の調整を続けたはずが、土曜日の午後あたりから違和感が出た。「勤続疲労によるハリみたいなもの」と説明したが、6試合で4試合のスタメン出場をこなす48歳の体への負担は正直だった。

「今まで全く感じてなかったが、明日になったら良くなっているのかもしれない。これは自分も年を取ったのかなと思うが、それもあまり思わないようにしている。僕自身も明日どうなるか分からない。木曜日まですごく体が動いていても、急に金曜日におかしいなということもある。本当にわからない。とにかくやり抜こうと自分に言い聞かせてやっている」

 ただ、これは充実感に他ならない。そんな中で生まれたゴールに「本当に不思議だなと思います」と素直な気持ちを吐露。「自分自身はいつも今日が最後だという気持ちでやろうとしている」と続けると、「でも終わらないですよ」とニヤリとした。

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - スポーツ