熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

哀悼 ディエゴ・マラドーナ

   

             
            
            

世界一のサッカープレイヤー

先週、誰もが知っているアルゼンチンのサッカー選手、ディエゴ・マラドーナ選手が亡くなりました。2日連続の訃報記事で申し訳ございません。

1967年生まれの自分は、小学校3年(1975年)からサッカーを始めました。
マラドーナが初めてワールドカップに出た1982年のスペイン大会、そして5人抜き・神の手という伝説を作ってアルゼンチンを優勝に導いた1986年のメキシコ大会、この2つの大会のマラドーナが印象深いです。その後の1990年イタリア大会、1994年アメリカ大会までマラドーナは出場しますが、一番輝いたのは1986年でした。

自分はフィジカルコンタクトが得意なプレースタイルだったので、マラドーナとは違うプレースタイルでしたが、マラドーナのプレーには釘付けでした。マラドーナの華麗な個人技にも魅了されていましたが、そのマラドーナを止めるディフェンス側を注意深く観察していた記憶があります。

当時は、マラドーナが凄過ぎて、まともに対峙するとみんな抜かれていまうので、みんなファールでマラドーナを止めていました。いまほど、カード(レッドもイエローも)が出ない時代だったので、もうマラドーナみたいな選手は削られまくっていましたね。今だったら、一発退場になるようなファールをマラドーナは1試合中受けまくっていたような気がします。

サッカーの道具の中に、すね当てって有名ですが、くるぶしガードってのもあります。これは、マラドーナがあまりにも削られてケガをするので、初めて着用したと記憶しています。

映像では、マラドーナが手を使ってゴールした神の手ばかりが流れますが、その1000倍くらい悪質なファールを受けている事実はあまり映像で流れることはありませんね。その5人抜きと神の手が起こった、1986年ワールドカップメキシコ大会の準々決勝 イングランド戦も、マラドーナへのファールは相当ひどかったですよ。(どこかに動画ないかな?)

1988年だったかな? SSCナポリの一員として、キリンチャレンジカップで来日した時はマラドーナ・カレッカの2TOPのナポリを見に、国立競技場にいきましたね。懐かしいし、すごい試合を見たものだと今でも思います。

引退に繋がる1994年アメリカ大会の禁止薬物の一件から、引退後はサッカー以外のことで世間を賑わすことの多かったサッカーの天才ですが、語りつくせいないほどのインパクトをこの世の中に残していってくれたと思います。マラドーナにあこがれてサッカーを始めた人も多かったと思います。

安らかにお眠りください。合掌。

 

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - サッカー