熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

本番これでいけるのか?

      2020/02/17

             
            
            

シューズの選択に迷う

東京マラソン2週間前のロング走を走りたかったのですが、鹿児島は今日は夜中からずっと雨が降り続いていてなかなか走り出せない。

夕方4時ごろにようやくあがったので、早速走りに出る。今日の目標は20㎞。しかし、走り始めるとまたシトシトと降り始めて、なかなか難しいですね。

雨も強くなってきたので、結局15㎞で終了。まだ走れたと言えば走れたかもしれませんが、昨日から変えたシューズの具合もあって、とりあえず15㎞で終わりにしたって感じですね。

 

昨日から投入しているのは、ナイキのズームフライ3。噂のカーボンプレート入りの厚底シューズです。エリートランナーが履いているズームフライネクスト%のワンランク下のグレードです。
(ネクスト%は30,000円、フライ3は15,000円くらいなので、価格はおよそ2倍くらい。ミッドソールの素材が違うので片足で100gくらい重量が違う)

昨日はいつも自分が使っているSIDASのインソールに交換して走ったのですが、足裏がすごく痛くなって、その影響か両脚のふくらはぎとハムストリングスにもいつもない疲労感があって、10㎞でしたが、自分に合うのか心配になっていました。

で、今日はインソールを最初からついているペラペラのものに戻して走りました。そうすると昨日のような足裏の痛みはなくなった。タイムはゆっくり走っているようでも、いつもより速い。自分の体感的には5’30”-40”/㎞ペースで走っている感覚が、5’15”-25”/㎞で計測されてくる。

で、着地がいつもより確実に前になっているのは走っていて分かる。なるほどこれが「フォアフット~ミッドフットが自然とできる」って言われていたわけですね。

でも、やっぱりいつもと走るフォームも違ってきているので、いつもと違うところに早めに疲労感がでてくる。これは慣れですね。このシューズに慣れないといけないんです。ある意味速く楽に走れるフォームに矯正してくれるシューズなんだと思います。

昨日今日走った感じでは、あと2週間ありますが、このシューズに変えて東京マラソン走るのか、それとも傷みが激しいけれども今までのシューズ(ASICS GT-2000)で走るか迷うところ…

うーん、迷う。でも、最後の最後でASICSって判断なら大丈夫そうな気がするので、当面NIKEで走ってみようかな。今日の感覚みたいに 10”-15”/㎞速いのは魅力ですからね。まずは今週いっぱいNIKEでためしてみて、判断材料にしよう。

まぁ、心配なのは大会2種館前の週末に10+15の25㎞しか走れなかったこと。今週の平日頑張ってちょっと長い距離走るしかないかも。

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - マラソン・トライアスロン , ,