熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

GARMINでインターバルトレーニング

      2020/08/12

             
            
            

GARMINの豊富なトレーニングメニュー

このところ平日は仕事で帰りが遅い日が続いていて、あとあまりにも暑い日が続いていて、ランニングできていませんでした。週末はロング走含めて暑い中走っているのですが…

最近は22:00前に帰宅することが多かったのですが、今日は帰りが少し早かった(20:30頃)ので、走れた!

ただ暑いのは間違いない(走り始めの22:00頃でもまだ30℃超)ので、GARMINのトレーニング機能を利用して、インターバル走をしてみました。

インターバル走って、自分は中学校のときに駅伝の練習で嫌というほどやって、きっつい思い出しかありません。

今日GARMINに設定したのは、500m走って、1分歩くというインターバルを10本というトレーニング。

自分的には、500mを2分30秒以内(5’00”/㎞以内のペース)で走り切りたいという感じでした。

走り始めると意外と身体は軽さを感じることができて、4-5本目には汗が噴き出していてすごい発汗量で、後半は少しきつかったですが、しっかり走れました。

10本の平均ラップは、2分14秒(4’29”/㎞)でした。想定よりも早いタイムで走り切れたので、いい練習になったと思います。

 

で、このトレーニングですが、タイムや距離を設定すると、自動計測をしてくれます。スタート・ストップのときは、約5秒前からカウントダウンもしてくれますし、もう完璧なコーチです。

実際、1人でインターバルトレーニングをしようと思ったら、距離測ったり・時間測ったりがあってなかなか実際のところは大変です。というか無理です! でも、GARMINがあれば完璧。しっかりマネジメントしてくれます。

夏に「暑い!暑い!」と言いながら、ダラダラペースで走るよりも、GARMINコーチの指導のもと、今日みたいなインターバルトレーニングとかするほうが効果的でしょう! と思います。それくらい完璧!

なお、自分は今回(ラン:距離500m・休憩:時間60秒)で設定しましたが、(ラン:距離・休憩:距離)(ラン:時間・休憩:時間)なんかでも設定できますので、自分のしたいトレーニングに合わせて設定することができます。

こういうトレーニングメニューが豊富なのはGARMINの強みですね。素晴らしい♪ GARMINお持ちの方は、是非是非いろんなトレーニングメニューから自分に合ったトレーニングメニューを探し出してください!

 

ランニングを楽しみましょう♪

 

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - マラソン・トライアスロン ,