熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

東京マラソン 2021

      2022/03/14

             
            
            

順調な前半

ついに開催されました、東京マラソン2021。
まだ東京は新型コロナウィルス・オミクロン株の流行が収まらずまん防が発令された状態なのですが、開催されました。

今日の目標は、
5’30”/kmペースで押せるところまで押して、押し切れば3時間52分、
後半ペースが落ちたとしても何とか粘って、サブ4の3時間59分、
です。

2週前の練習走の42.195kmでは4時間22分だったので、サブ4が達成できれば現状では大成功というレースになります。

 

さて、スタート会場はそこまで混雑することなく、スタート地点(Bブロック)まで行くことができました。
やっぱり36000人が20000人になっているせいですかね、以前よりは混雑感がありませんでした。
選手間も空いていたので、ストレッチを結構ギリギリまですることができた。

で、予定通り9:15にスタート!
キプチョゲ選手? もちろん見えません(笑)

スタート直後からもそんなに混雑することなく、走ることができてスタート直後から予定の5’30”/kmペースに乗せることができた。

昨日、一緒にランチをした佐野先輩がこの日は応援で走り回ってくれて、最初は水道橋、次は茅場町、そこから先も折り返して来ての茅場町、ゴール前の丸の内仲通りと檄を飛ばしてくれました。本当、ありがたかった!

中間地点を過ぎてもまだ快調、28kmくらいまでは、自分よりも少し早いペースのランナーをつかまえては背後について引っ張ってもらう作戦で、順調にラップを刻んでいました。

失速した後半

ただ28kmくらいから、脚が重くなり始めて少しづつペースが維持できなくなってきました… 俗にいう30kmの壁がきたわけです。
ここを乗り切ればまた少し楽になるのですが、今日はここで踏ん張れず…
32kmを通過するところまでは、何とかサブ4ペースではあったので、あと10kmをどう粘るかという展開だったのですが、まったく粘れずに失速。

結局、4時間16分42秒でフィニッシュ。
残念だし悔しいですが、今の走力でいうと妥当なタイムだったかもしれません。

タイムは残念ですが、レースとしては思いっきり楽しむことができました。
櫻木伸一54歳、4年前(50歳)のときの3時間34分からは42分遅れ… 、20歳代のときに出した3時間30分の更新をまだ諦めたわけではないですよ〜。
今年の秋シーズンからの再チャレンジします! 来シーズンでは、絶対サブ3.5を達成してやる!

やっぱりレースはいいですね♪
大会運営の関係者のみなさん、本当にありがとうございました。
応援してくれたみなさんもありがとうございました。
来年も東京マラソン走れるといいな。

 

スタート前 都庁と スタート直前14km地点 茅場町
24km 門前仲町
ゴール直前 丸の内仲通り
ゴール直後 フィニッシュ地点
ゴール後 東京駅前 長男坊と
ゴール後 東京駅前
ゴール後 東京駅前 完走ガウン?ポンチョ?
東京マラソン2021 ルート
失速の軌跡(爆)
失速がもっとよく分かる5㎞ラップの推移(涙)
優勝した キプチョゲ選手 美しいフォーム
途中キプチョゲ選手を追う展開に!(笑)

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - マラソン・トライアスロン