熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

青島太平洋マラソン、走ってきました♪

      2017/12/15

             
            
            

【前夜】サッカーの試合に翻弄されました・・・

2017/12/10(日)、40歳代のラストレース「青島太平洋マラソン」を走ってきました。

まずは、前夜からの話しになりますが、夕食をとって、翌朝の食事を購入してホテルに戻ると19:10。予定通りです。そう、この日は自分の大好きサッカーの試合がテレビで目白押しでして、19:15~ E-1選手権で日本-北朝鮮戦、それが終わると22:00~カタールで開催されているクラブワールドカップ 本田圭佑が出るパチューカ(メキシコ)-ウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦、続いて浦和レッズ-アルジャジーラ(カタール)戦。途中からうとうとしながら結局全部見ちゃいました…。終わったのは27:00(3:00)頃。起床は5:00なので、結局寝れたのは2時間(笑)。まぁ、自分のせいです。でも、サッカー見たかったのでそれは仕方ない。

【スタート前】JRの臨時列車でサンマリンスタジアムへ

5:00に起床後、朝食取りながらテーピングしたり着替えたりして準備。朝食はおにぎり1個・メロンパン1個・バナナ1本。このあとスタートまでに、ゼリーを2パック・バナナ1本。

6:33のJRの臨時列車でサンマリンスタジアムへ。木花駅まで17分。普段は無人駅だそうですが、この日は南宮崎駅の駅員さんが終日詰めていました。そこから徒歩7-8分でスタート・ゴール会場の宮崎サンマリンスタジアム。自分は当日受付なので、早速受付をして、準備して、荷物を預けて、スタート地点へ。

 

【スタートから30㎞】目標ラップを刻む

8:00にはスタート地点にいましたが、気温が低い。宮崎の気象台発表で8:00現在2.8℃。100円ショップのカッパを着て防寒。フードまで付いているし、この1枚で結構暖かいんです。周りのランナーと歓談しながらスタートを待ちます。

ちなみにこの日のレースプランは、1㎞を5分~5分5秒でラップしていって、30㎞からの残り12㎞に余力があればペースを少し上げて、3時間30分が切れればというプラン。

9:00にスタート。自分はCブロックの最前線でしたが、スタートまでは1分2秒とスムースなスタート。結局寒かったので、カッパは着たまま走り始めて、3㎞地点まで着ていました。最初は混雑から5分19秒、5分8秒と予定よりオーバーしますが、まぁそれも想定内。もっと遅れるかもしれないとも思っていたので、落ち着いて対応。あとはできるだけペースが速くなったり、遅くなったりしないように一定ペースを目指して淡々と走ります。マイナーなトラブルが、5㎞地点くらいで右足がアスファルトの轍(わだち)にはまってちょっとグリっとひねってしまいました。大した影響はこの地点ではなかったのですが…。

人混みはほぼ問題なくて、3㎞以降はストレスなく走れました。5㎞毎のラップは、25分11秒-25分10秒-24分41秒-24分47秒-25分48秒-26分07秒と30㎞までを2時間31分44秒。20㎞以降少しペース落としましたが、順調にラップを刻めてきました。ここまで平均5分03秒/㎞ペースなので、自分のレースプラン通りです。

【30㎞~ゴール】勝負の30㎞以降

よくなかったのは、30㎞以降でした。疲れが出てきて、サンマリンスタジアムに帰ってきた32㎞以降は青島への往復(トロピカルロード)になるのですが、そこでは微妙なアップダウンが出てくるのと路面がアスファルトではなく、コンクリートブロックや石畳やレンガになります。疲れたところにこのあたりの条件が加わってきて、ペースが一気にダウン、そこにもとから自分は右足の付け根と右膝外側靭帯に不安があったのですが、5㎞地点でグリっとやった影響か32㎞くらいから不安個所に痛みが出てしまいました。

まぁ、でもこれくらいはフルマラソンは全然普通のことなので、歯を食いしばって頑張るしかありません。が、そこに更に34㎞地点から右脚のふくらはぎがピクピクし始めて半攣り状態に。痛みが出て変な走りになっていたんだと思います。グリっとした影響で何か負担が掛かって走っていたのか?あまり今まで経験したことのない片脚だけのふくらはぎの攣りです。攣ってしまうと止まるしかなくなるので、ペースを落として攣らないギリギリのペースで走るというふうに判断。34㎞以降は6分/㎞台まで落としてしまいました。それでも、攣って止まるともっとタイムロスするので、攣らないように攣らないようにゴールを目指して、何とかゴール。結果、攣らないペースで走ったのが正しかったのかはよく分からない。

タイムは3時間45分36秒(ネットタイム)。目標タイムから15分36秒遅れましたが、30㎞までで1分44秒の遅れだったので、最後の12.195㎞で13分52秒(約14分)の遅れを出してしまいました。神戸に続いて失速レースと言えば失速レース。30㎞以降の5㎞ごとのラップタイムは、28分53秒-31分10秒。30㎞までうまく走れていただけに、本当に残念なレースになってしまいました。

次につながるレース

でも、次につながるレースでした。最後失速したのは事実ですが、神戸の失速とは全然中身が違うなとも思っています。まぁ、今日はコンディションも最高で、フラットなコースで言い訳できませんけどね~(笑)

サブ3.5は奥が深いです。で、マラソンは難しい。でも楽しい♪ 40歳代ラストレースでしたが、これで3レース連続サブ4、そして5レース連続40歳代ベストタイム更新ということで、少しはよかったかな。サブ3.5は50歳代に持ち越しということです♪ 今回のレースで、またまたやらなきゃいけないことも見えたし!

今回よりももっと30㎞までを余裕で走ってこないといけないんだと思います。今日は、30㎞地点でやや余裕はなくなっていた感もあります。できれば37㎞くらいまで、静か~に眠ったように走ってきて、最後の5㎞で爆発できるようなレース運びが理想だと見えてきました。ネガティブスプリットというほどでもないと思いますが、イーブンペースですね。その中で最後の5㎞でペースアップできればネガティブスプリットになるって感じですかね。

そういう走りができるように、また練習です。
さぁ、帰ったら仕事が待ってます♪ マックス気合い入れよう!

【2017 マラソン結果(6レース)】

01.08 いぶすき菜の花 4:53:42(ケガ)
02.19 熊本城 4:02:28 <40歳代自己ベスト更新>
02.26 東京 4:02:10 <40歳代自己ベスト更新>
03.05 鹿児島 3:57:02 <40歳代自己ベスト更新><サブフォー>
11.19 神戸 3:53:24 <40歳代自己ベスト更新><サブフォー>
12.10 青島太平洋 3:45:36 <40歳代自己ベスト更新><サブフォー>

まだしばらくマラソンの魅力から抜けられそうにありません(笑)

大会関係者の皆様に感謝です。楽しく走れました。青島太平洋マラソン、また来年!

 

【おまけ】
↓ どなたかの撮影した動画に写っていました。16-17㎞地点くらいですかね。日本代表のユニフォームにサングラスです♪(5秒くらいで通過します)

 

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

 - マラソン・トライアスロン , , ,

前回へ
いざ宮崎!
次回へ
時間経営