熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

東京出張で感じたこと

      2019/06/20

             
            
            

東京 2019

今週は2日間東京にいました。某家電メーカーさんの新製品発表会に来ていました。そこに合わせていくつか他の予定も入れての1泊2日でした。

その中で、東京で感じたことを徒然なるままに書いてみたいと思います。

★ 外国人が本当に多くなっているということ。今に始まった話しでもありませんが、いくたびに増えている感じがします。今はアジア系だけではなくて、西洋系の方々もかなり多いですね。中国人の爆買いなんて言葉もすでに過去の言葉になりましたが、日本への観光客は増え続けていますね。鹿児島では感じにくい部分ですが、このあたりも自分の商いにどんなふうに活かせるのか考えないといけないなと思いました。

★ 渋谷のドン・キホーテには、もう外国人しかいない!といっていいくらい、外国人だらけ!同じ渋谷でも、ロフトや東急ハンズは、ほとんど日本人。ドンキは外国人ばかりで、日本語が聞こえない。お店によって極端な状況が生まれています。聞くところによると、旅行者がインスタで紹介して、拍車をかけているということのようです。やっぱりSNSを介した口コミというのは今の時代欠かせない部分なんですかね。

★ 歩きスマホ族が多くて、本当に危ない! どうして歩きスマホしちゃうんでしょうね。もうおかしいくらい多い、これは外国人も日本人も。せめて邪魔にならないところで立ち止まってして欲しい。電車の社内でもほぼほぼスマホ見ている人ばかり。自分が東京に住んでいた頃は本や新聞を読んでいる人も多かったですが、ライフスタイルが大きく変わっているのが分かります。

★ そんな喧騒の都心にも緑のオアシスがある。写真は東京ドームの横にあったちょっとした緑に囲まれたスペース。待ち合わせまでに時間があったので、15分ほどここで癒されていました。気持ちよかった。人はやっぱりこういう部分に癒されるし、快を感じる。これはお店づくりや、イベント開催、職場環境の整備なんかでも考えないといけないことだなぁと感じた。

人がとっても多くて、殺伐とした感が否めない東京ですが、話せば人情味あふれる部分もたくさんある街です。僕は嫌いではないです。

 

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - その他 ,