熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

ハドソン川の奇跡

      2016/10/11

             
            
            

昨日はマンスリーの映画の日だったので、日中36km走ったのにレイトショーで「ハドソン川の奇跡」を観に!もちろん1人です。いつもレイトショーは観客が少ないのですが、この日は映画の日というのもあって、3分の1くらいの席は埋まっていました。

映画なので、ネタばらしはしてはいけないので詳しくは書きませんが、素晴らしい監督と素晴らしい俳優さん方、もちろん素晴らしいスタッフさん方の素晴らしい映画でした。

この映画の出来事自体はみなさんご存じだと思います。離陸直後にバードストライク(エンジンに鳥の群れが入り込むこと)で全ての推力を失った旅客機が、ハドソン川に不時着して全乗客の命を救ったという出来事です。この映画の裏であった機長と副操縦士がそのハドソン川への不時着を選択したこと自体が事故だとする容疑をかけられて裁かれていたというストーリー。

でも、まさかあの英雄となった機長が容疑者として裁かれていたとは… 世の中知らないこと多いんですね…

映画を見た後、この事件のことを改めて調べると、機長は不時着した後、できるだけ真冬のニューヨークなので、一刻も早く救助されるように、観光船や定期フェリーが多くいるエリアを見定めて不時着したとか。本当に時間ない中で、様々なファクターがあるなかで、最善の方法を選択した機長の判断力に敬服です。

クリント・イーストウッド監督、主演のトム・ハンクス、とにかくすごい。副操縦士を演じたアーロン・エッカートの最後の言葉「できれば7月にね」がなぜか印象的でした。

オススメです!

The following two tabs change content below.
櫻木 伸一
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
櫻木 伸一

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - その他