熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

草津白根山の噴火

      2018/01/29

             
            
            

大自然の恐怖

先日(1/23)、帰宅して21時のニュースを見ていると、群馬県の草津白根山が噴火をして死傷者が出ているというニュースをやっていた。日中全然ニュースとかも見ていなかったので、かなり驚きました。

今回の草津白根山も噴火警戒レベル1からの噴火ということで、近くでは大勢のスキー客がスキーを楽しんでいて、また自衛隊の雪中訓練も行われていて、亡くなった1名は訓練中の自衛隊員の方だという。

4年前の御嶽山の噴火のときも噴火警戒レベル1からの噴火で、このときは運悪く日曜日のお昼時だったので、登山客の方の多くの犠牲者が出ました。

これだけ科学が進んでも、火山の噴火予知などは難しいんですね、正しく予知はできないと思ったほうがいいのだと思います。

桜島をすぐ目の前に臨む鹿児島に住んで、頻繁に噴火したり噴火の兆候を見せている新燃岳を中心にした霧島連山にもしょっちゅう遊びに行っている自分としては、御嶽山も草津白根山も他人ごととは思えない。山は楽しいけど、こうやって事故が起きると怖い存在であるということを思い知らされる。桜島も霧島も自分の遊んでいるフィールドだ。

大自然を目の前にすると、いくら頭脳的に体力的に進化しても、人間はちっぽけな存在であることは変わらない。犠牲になられた方々は、同じように大自然を楽しませてもらっている自分たちの中から運悪くその場に居合わせた方というしかありません。自分がいつその立場になったとしてもおかしくない、本当にそう思います。

山に近づかなければそんな危険に合わなくて済むのかもしれないが、人生の中で山ほど楽しめるフィールドは他にそうないのも現実。4年前の御嶽山の噴火以来、全国各地で火山活動が活発化していること、噴火を予見する難しさなど、改めて山は生きていると実感しました。

被害にあわれた方々のご冥福と一日も早い回復をお祈りします。

The following two tabs change content below.
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。

最新記事 by 櫻木 伸一 (全て見る)

 - その他 , , , , ,