熱血時計卸人!社長ブログ 「日新」

南九州デジタルの熱血社長櫻木伸一が、様々なジャンルで気の向くままに書きながら、日々に新たに前進していきたい想いを込めたBlogです♪

冠岳トレイルランニング 試走

      2023/01/23

             
            
            

危険がいっぱいの10kmのコース

2/12に走る「第1回冠岳トレイルランニング」のコース視察を兼ねて、嫁さんと2人で歩いてきた

距離10km・獲得標高650m・4時間

コースのほとんどは樹林帯の中、眺望が望めるのは西岳・材木岳のピークのところだけ。天気が良かったので、そこからは桜島・金峰山・野間岳・吹上浜がきれいに見えました

材木岳以降は、コースが分かりにくくて、コース確保優先。コースにも目視しにくい岩や切り株も多くて、見損ねると即転倒につながりそう。

さらに転倒してその岩や切り株で痛打したら間違いなくかなりのダメージを負ったケガになりそう。細かくいえば、ずっと捻挫するリスクが伴うコースです。

自分の体力とトレイルランのテクニックでは、走っても大丈夫なところは少ないと思います

まぁ東岳から先は、現地の登山コースマップにも出ていないルートだし納得。

一番奥深いところでは、一度コースを外れてしまって迷いかけた! 登山アプリとGPSで助かった

登山アプリのダウンロードした地図(今回はYAMAPを使いました)とGPSを使わないとコースをどこかで見失う可能性大ですね

危険がいっぱいのコースを、本番前に視察できてよかったわ〜。安全第一で走ろう! いや歩こう!かな

今日は4時間かかりましたが、本番は制限時間は3時間。3.5㎞地点までの舗装路をしっかり走れば、山はほぼ歩いても多分間に合うと思う。

あとは今日もコース確認をするのにかなり時間を使って、東岳以降にペースがかなり落ちた(標高差でいけば下りなのに…)。コースを素早く正確に見出して進めるかがポイントになりそうです。

今日は晴天に恵まれたけど、雨が降って地面がぬかるんでいたりすると、難易度がまた一気に跳ね上がりそう。2/12だから、寒波がくる可能性もあるし、気象コンディションによってはかなり大変なことになりそう。

そんなコースを、嫁さんが今日一緒に10km歩いて、ゴールしてもケロッとしてる体力には、驚いた!
「余裕」だってさ(笑)!

 




The following two tabs change content below.
Avatar photo
1967年神戸市生まれ、鹿児島育ち。1990年、中央大学卒業後、山一證券を経て、1998年に南九州デジタルに入社。2009年代表取締役就任。現在、法人向け卸売業の業績アップサポート部、個人向けギフトショップG-STYLE、インターネット通販のアイゲット・カデココ、地域店向け新事業の笑倍繁盛事業を展開し、お客様の心を豊かにする、「日本一心豊かな流通」を目指す。趣味は、トライアスロン・マラソン・サッカー他。
Avatar photo

Latest posts by 櫻木 伸一 (see all)

 - マラソン・トライアスロン