Read Article

カシオ 2011秋冬新製品発表会

Teiankai 11AW 01.jpgのサムネール画像  今日は、県民交流センターで、カシオと合同での2011秋冬カシオ新製品発表会&提案会を開催いたしました。 もう10年以上続く、カシオと南九州デジタルの共同事業です。 本日は鹿児島・宮崎の有力販売店から19名のご出席をいただきました。

 

 

 ○ 時計業界全体の動向説明
 ○ カシオの全体戦略説明Teiankai 11AW 03.jpgのサムネール画像
 ○ 新製品のバックグランド、スペックの説明
 ○ 広告戦略の説明
 ○ 新型プロトレックの操作講習会
 ○ 売筋商品の案内と年末の在庫戦略の説明

  新製品も多いので、2時間みっちり中身の濃い会議ができました。

 参加された販売店のみなさま、有難うございました。

 

Teiankai 11AW 02.jpgのサムネール画像 以下、弊社代表 櫻木 の冒頭の挨拶の要旨を掲載させていただきます。

 「いつもカシオ製品の拡販にご尽力賜り、誠にありがとうございます。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。
 さて、半年前のこの提案会でも申し上げましたが、3.11の東日本大震災以降、日本人の価値観が大きく変化しました。 今、流通業では、以前にも増して、消費者の価値観の変化への対応力が問われています。
 みなさんも、売場で肌で感じていると思いますが、時計業界におきましては、震災以降、販売数量が伸びにくい状況になっています。また、単価の伸び悩み、つまり、高額商品の売りが鈍化してきています。
 売場におきましては、非常に難しい局面になってきていますが、そこで強みを発揮するのが、カシオのウオッチになると自分は考えています。
 なぜなら、ファッション性に富んで、機能性の高いという特徴を持つカシオのウオッチは、一度買うと次の来店まで3年以上待つケースも少なくないスタンダードなウオッチと比べると、来店のリピート率やウオッチの複数所持率といった要素で、他のブランドと比較して抜きん出て高い比率を誇っているからです。
 デザイン・カラーなどファッション性に富むので、TPOに合わせたウオッチの保有をしたくなる。また、機能性に富むので、機能においてもTPOに合わせたウオッチの保有をしたくなる。そういう特徴を持っているのが、カシオです。
 既に、売上数量・売上金額共に国内No.1になっているカシオですので、是非、カシオのウオッチで皆様のお店の店頭を活性化させていただきたい、と思っています。
 南九州デジタルでは、営業を卸売業・問屋業といった言い方をしていません。『お客様の業績UPサポート業』と位置づけて営業しています。みなさまは、弊社の営業マンをどんどん利用していただきたい。お代はいただきません。使用料無料0円です!弊社の営業マンとカシオのウオッチで、この冬の商戦は勝ち抜いていただきたいと思っています。
 2時間という短い時間ではございますが、多くの有用な情報をお持ち帰りいただき、お客様サービスに活かしてください。 よろしくお願いします。」 

 

Return Top